生きている植物細胞☆

055

オオカナダモの葉を顕微鏡で観察すると、細胞壁に囲まれた一つ一つの細胞を見ることができます。細胞の中央にある大きな丸いものは核です。小さな緑色の丸い粒は葉緑体です。葉緑体が核のまわりを回っているのは原形質流動による動きです。細胞の左側には葉緑体が流れて行かない部分があります。ここには液胞が存在しています。